スムージーダイエット

スムージーの作り方が変わりつつある

若い女性を中心に数年前からブームとなっているのが、スムージーです。スムージーとは、野菜と果物を使ってミキサーで細かくしたもので、ジュースとして手軽に飲むことが可能です。朝食をスムージーに置き換える人も多く、ダイエットとしても活用している人が多くいます。 以前は、ミキサーで混ぜる人がほとんどでしたが、最近はコールドプレスと言う方法でスムージーを作る人が増えてきました。野菜は熱で成分が壊れてしまうことがあります。よって、野菜を押し出すコールドプレスの場合、熱が発生せず栄養をそのまま摂取することができます。専用の機械が必要なので、まだまだ一般には普及していませんが、欧米ではかなり利用者がおり、今後日本でも利用者の増加が予想されます。

水を白湯に変えることで冬でも続けられる

朝食に置き換える人が多いスムージーですが、作るのは簡単でも後片付けは、意外に面倒です。ミキサーを洗わなければならず、かなり野菜がこびりついて朝の忙しい時間にこれを済ませるのは非常に手間だと感じる人も多いのが事実です。 最近人気なのは、ミキサーを外すとコップとして使用できるもので、ミキサーとコップが一体化しているため、通常2度洗わなければいけない手間が一度省けると言うことで、注目されています。 またスムージーは、冷凍しておくと保存できます。多めに作って小分けし、冷蔵保存しておくことで、翌朝野菜を用意したりすることなくスムージーを取ることができます。寒い日は、水を白湯に変える等工夫をすることで続けることが可能です。